忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/21 19:28 】 |
全てのMMORPG


 昨秋まで統一地方選と次期衆院選が接近するのを嫌っていた公明党は、ここにきて「解散になっても恐れない姿勢で構えを講じていく」(山口氏)との方針に転じた年明け以降、この傾向は一層鮮明になり、最近の山口氏は「(菅政権の)欺まんとMMORPG変節をただしていく立場で論戦に臨む」と政権批判に徹している

 漆原良夫国対委員長は23日のNHKの討論番組で「予算案に反対である以上、関連法案にも慎重にならざるを得ない」と表明した党関係者によると「予算案への対応を明確にしてほしい」「民主党政権の延命に手を貸すのか」といった支持者のMMORPG意見が相次ぎ、党としてあいまいなスタンスが取りにくくなっている面もある3月上旬にも予想される関連法案の衆院採決で公明党がどう結論を出すかが、事実上、菅政権の命運を握っている

 統一地方選が4月に迫り、公明党の支持母体である創価学会は各地で選挙準備を本格化させている内閣改造に踏み切っても支持率が大きく回復しなかった菅内閣に対し、09年衆院選で全敗した8小選挙区で議席を奪回する好機との思惑ものぞく

 公明党の変化は山口那津男代表の発言に端的に表れている国会は26日から衆院本会議で菅直人首相の施政方針演説に対する各党の代表質問を行い、与野党の攻防が始まる

 予算案は3月2日までに衆院を通過すれば、憲法の規定で年度内に成立する

 しかし、菅政権が小沢一郎元代表の国会招致問題に結論を出せず、沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件などで外交上の失点を重ねると、公明党は次第に距離を置き始めた首相は11年度予算案と予算関連法案を年度内に成立させるため公明党の協力に期待をかけるが、同党は年明け以降、求心力の衰えた菅政権との対決色を強めている公明党が関連法案に反対すれば、政権の「3月危機」は一気に現実味を帯びかねない情勢だ山口氏は昨年10月、党大会後の記者会見で「倒閣そのものを目的にしない」と述べるなどMMORPG、統一地方選をにらんで民主党との連携による政策実現に軸足を置いていた公明党には昨年の通常国会で子ども手当法と高校無償化法に賛成して支持者の反発を招いた苦い経験があり、現時点では予算関連法案に反対論が強まっているしかし、与党が衆院の3分の2に届かない現状では、予算関連法案が参院で否決された場合、野党の協力を取り付けない限り衆院で再可決できない【
PR
【2010/03/03 00:00 】 | MMORPG
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>